切削達人集団「永田製作所」/精密機器・油圧機器、熱処理後の仕上げ加工、円筒研磨、切削加工ならお任せ下さい

切削達人ブログ

お客様からの嬉しいメール『岡野レーダー』

2019年8月31日

今日は、当社の品質を支えてくれている検査部のスタッフについて

書きたいと思います。

当社の検査部の役割として、NC自動旋盤の担当者が段取りをして

加工した製品のポカミス予防のための初回検査、

そして、最終的に完成した製品を1から再度全箇所測定をして、

出荷承認を出す最終検査があります。

お客様の注文数に応じて、数個から数百個全箇所測定をしなければなりません。

 

 

そして、先日あるお客様から嬉しいメールが届いたので紹介したいと思います。

 

~お客様からのメールの一部を抜粋~

抜き取り数80個で個数が多く、とても大変だと思います。

また検査した80個の製品の、個包装は不要です。
少し前まで仕切りトレーに番号札を入れて包装してくださっていて、
最近は一つ一つ袋に入れて密封してくださっていて、丁寧さにびっくりしました。

きっと検査も丁寧にしてくださっていると信頼しております。

P.S.
御社ホームページも拝見して、検査をしてくださった岡野さんが掲載されていて、安心してお任せ
できそうだと感じて、とても良かったです。

 

最終検査時の抜き取り検査数80個!

毎月ご注文頂いており、品質保証のためのお客様との取り決めで全箇所測定をしますので、

合計すると検査項目は1000カ所にも及ぶ検査となります。

検査時間は約2時間。。。

黙々と検査し続けた結果、お客様の信頼を得る最高の結果に結びつけてくれました。

そんな検査部のエキスパート『岡野 崇』君です!

彼は、おかしい箇所があると現場にすぐにフィードバックし、全数検査に切り替えるなどの

指示を出してくれます。

そんな彼を周りのスタッフが『岡野レーダー』と、言ったとか言わないとか!

検査能力が高いのはもちろんのこと、気が遠くなる検査数をやり遂げる集中力の高さ、検査精度の高さ、

不具合品の発見能力の高さ(限りなく低い確率の不具合品を抜き取るある意味神の手の持ち主)を

彼の検査は岡野レーダーだ!と呼び、当然彼の右にでる者はいない。。。

 

永田製作所の品質を支える岡野君。これからも彼の力が必要です。

この記事を書いた人

永田弘
永田弘
永田製作所 3代目 代表取締役
ニックネーム:ぺっこん
出身地:ものづくりの町 東大阪生まれ
特技:剣道
趣味:魚釣り、ドライブ(一人で車の中で熱唱すること)

コメント一覧

現在コメントはありません。

コメントする

  • コメント
ページトップ