切削達人集団「永田製作所」/精密機器・油圧機器、熱処理後の仕上げ加工、円筒研磨、切削加工ならお任せ下さい

切削達人ブログ

「共に」町工場の奮闘記~永田製作所通信~

2021年2月26日

東大阪の切削達人 永田製作所の永田です。

 

新年の誓いを立て
「さぁ、やるぞ!」という時に、

首都圏に始まった緊急事態宣言の再発令、
そして、関西も追加されて出だしが挫かれた感がありますが、今年も元気に参りたいと思います!

 

そんな年明け早々、
前回も出演させて頂いた

大阪の情報番組『ミント』から取材の申し込みがありました。


内容は、緊急事態宣言下での製造業の取り組みについてでした。

政府はテレワーク推進7割を目指していますが、我々製造業は、機械を回さないと成り立ちません。

 

そんな中、製造業はどのように取り組んでいるかを取材に来られました。

 

消毒や検温といった最低限の感染防止対策や、営業に出れない中でZOOMを活用した打ち合わせ、また工場を分散して生産することで感染リスクの回避などをお話しさせて頂きました。

 

が、当日の放送を見ますとかなりカットされていました。。。(笑)

 

ただ見ていて良かったと思うことは、
スタッフの働く姿をたくさん放送してくれたことです。

 

カメラを向けられたら、
確かにいつも以上に
黙々と仕事をするかも分かりませんが、
真剣に機械や各作業に向き合う姿は、カッコ良かったです!

 

私たちの仕事は、
機械に組み込まれるパーツ製造ですから、

普段その部品を見かけることはありません。

 

そうした中で組みあがった
ATMやホーム転落防止柵、券売機を見かけると、この機械の中で一生懸命動いたり、支えているんだと思うと誇らしくなります。

 

普段、縁の下の力持ち的存在で
日の当たらない我々モノづくりの会社が、
少しでもメディアに
取り上げて頂く事で、
ここで働いてくれているスタッフが、
仕事に誇りや、
やりがいを感じる機会を与えてもらえたり、

また、それを見て興味を持ってくれる未来の若者が、少しでも増えるきっかけになればこれほど嬉しいことはありません。

 

私は、今年の永田製作所のスローガンは『共』にしました。

 

コロナ収束の兆しが見えない中で、コロナと共存しながら生産活動をしていかないとなりません。
社内でクラスターが発生して一時工場を止めなければならなくなるかもわかりません。

 

しかし、そうなってもお互いにカバーできる体制を早急に構築し、生産に影響を与えないように支えあって生産していく。

 

言うなれば
チーム力をさらに増していこう!
という想いを
このスローガンに込めました。

 

今年も永田製作所は、スタッフ一丸となって、皆さまの生産活動をサポートしていきます!
どうぞ宜しくお願い申し上げます。


コメント一覧

現在コメントはありません。

コメントする

  • コメント
ページトップ