切削達人集団「永田製作所」/精密機器・油圧機器、熱処理後の仕上げ加工、円筒研磨、切削加工ならお任せ下さい

切削達人ブログ

引退

2022年4月08日

切削達人 永田製作所 永田です。

 

気づけば、もう4月、早い!早すぎる!!
大幅に遅れておりました通信。。。
今年もお付き合い頂けたら幸いです。
どうぞ宜しくお願い致します。

 

当社には、ザ職人!と、呼んでもおかしくない
ベテランスタッフさんがたくさん働いてくれています。

 

その中でも、私が入社するまでは、
営業技術としてお客様への納品や、品質打合せ、
現場での加工段取り~作業など、
永田のすべてを知り尽くした舟成部長がいます。

 

その舟成部長が、
この度3月末をもって退社
れることになりました。

 

生涯現役を宣言しておられましたが、
さすがに御年76歳

 

日に日に、体力、精神的にも厳しくなられ
話し合った結果、
本人も引退を決断されました!

 

驚きなのが、
永田製作所に入社したのが
遡ること60年前!

 

私の祖父が、起業して間もない頃に熊本を訪れ、
当時16歳の少年を見つけて、
集団就職で大阪に連れてきたうちのひとりでした。

 

当然、16歳の少年が親元を離れて生活するには、
何かと不安があったので、
祖母が食事や洗濯など
身の回りの世話をしていたと聞いたことがあります。

 

64年の社歴の中で、
60年という歳月の中で起こったことは、
語り尽くせません。

 

私が物心ついて知りうる限りのことで言えば、
バブル崩壊、主要取引先の倒産、リーマンショックなど
会社にとって重大な危機が迫っている中でも、

不満や愚痴などひとつも吐かず、
毎日、黙々とボール盤やマシニングに向かって
仕事をしている姿でした。

 

私が入社してからは、機械もどんどん更新し、
難しい材質や加工が増え、技術が進歩していく中で、

人の手が入る工程が少なくはなりましたが、
やはり最後は、部長の助言やひと手間が必要でした!

 

少し加工でミスがあっても、
部長がいるから修正してくれる!
と頼もしい存在だったのです。

 

部長が永田製作所に、
全身全霊を注いでくれた60年間。

 

感謝の一言では済まされませんが、
ありがとうございました!!

 

そして、品質に対する思いは、
今日の永田製作所の基礎になったことは
言うまでもありません。

 

これから、部長の魂を受け継いだスタッフ全員で、
永田品質』を守っていきますから
安心してくださいね!

最後は、全員で記念写真を撮って送り出しました♪
ちなみに、私がシャッター係でした!笑笑


コメント一覧

  • 長年の仕事、ご苦労様でした。

コメントする

  • コメント
ページトップ