切削達人集団「永田製作所」/精密機器・油圧機器、熱処理後の仕上げ加工、円筒研磨、切削加工ならお任せ下さい

切削達人ブログ
  • 熱処理後の仕上げ加工を得意とする会社 切削達人 永田製作所 永田です。

    嵐のような強風が吹く昨日、新たな機械を導入しました!

     

    まずは、弊社が絶大の信頼を置く重量屋さんによる旧機械の排出からスタート!

     

    狭い路地。。。

    それに加え、電線や電話線が張り巡らされた2Fからの排出になるため

    クレーンで吊るのも非常に困難です。。。

    しかし、そこはさすがプロの巧みなクレーン操作です!

     

     

    続いて、新たに導入する機械の番です。

    見てて飽きない搬入作業です♪

    あっという間に、搬入完了です!!

     

     

     

    と、いうわけで.....

    ジャーーーーーーン!

    今回、導入の機械は『転造盤』(ネジを切る機械です)

    株式会社ニッセー製 FA-10UN油圧式です。

    従来、弊社では、最大M8までしかネジを切ることができなかったのですが、

    MAX M20までの太径のネジ切り加工が可能となりました。

    ここ最近、お客様のニーズが、太いネジに変化してきたのもあって、

    今回の導入の決断となりました!

    お客様のご要望に耳を傾け、積極的な設備投資もこれからも続けてまいります!

     

     

     

     

     

     

     

     

     


  • 東大阪にある切削達人 永田製作所の永田です。

    2ヶ月間の試用期間を経て、
    新たな仲間が4月付けで1名加入しました。

    彼は、設計者としCADを使いこなし、
    経験を積んできました。

    しかし、その経験の中で、図面を描く側から、
    モノを作る側になりたいという想いが強くなり、
    実際にモノづくりをしている会社で働く道を選択しました。

    まず面接段階から、私は対話に重きを置いて時間を割きました。

    経歴やスキルで判断するのも大切ですが、
    私の想い、5年後10年後...の
    会社の目指すべき道を伝え、彼が理解し、その考えに共感してくれるかどうかをまず1番に確認します。

    そうでなければ、
    採用した後『聞いてないよぉ~』となり、
    お互い無駄な時間になると考えているからです。

    そのうえで、年齢もいよいよ腹を据えて
    働かないといけない30代ということで、
    ・骨をうずめる覚悟があるか?
    ・この仕事を通して自分自身がどのように成長したいか?
    など
    彼の考えや想いを共有し、お互いに合意したうえでの採用となりました。

    図面を読む力があるので、
    まずは我々製造業の基礎中の基礎である測定器を2ヶ月かけて徹底的に教え込んでいます。

    私たちが測定した数値と0.001ミリの誤差なく測定することが課題です。
    まだ、2ヶ月経過したところなので、
    100%クリアーしたわけではありませんが、
    まじめに現場作業を行ってくれています。

    GW明けには、少しずつNC自動旋盤の段取りの指導に入る予定です。
    その後は、CADが使えるということで、
    お客様と打合せした手書き図面を書き換えられたり、
    見づらい図面も簡素化した自社オリジナル製作図面に変更できたりと、彼の力は無限大で楽しみです♪

     

    新入社員紹介

    そんな彼の名は、
    見延 幸太(みのべ こうた)君です。

    「みのっち」と我々は呼んでいます!

    出身は、京都府綾部市で金沢工業大学を卒業し、
    大手企業で設計者として経験を積んできました。

    好きな食べ物は、カレーライス・オムライス・ハンバーグ
    休日の過ごし方は、読書や映画鑑賞です。
    性格は、超がつくほどまじめで、そんでもってマイペースです。(笑)

    切削達人集団に、この仕事が好きでモノづくりに憧れて、
    尚且つスキルを持った仲間が加入してくれて、私たちも心強いです!

    コロナが落ち着いたら、是非工場にお越し頂き、
    彼の頑張っている姿をご覧頂けたらと思います。

    どうぞ、皆さま宜しくお願い致します!

    私たちは、小さな町工場ですが、お客様に必要とされる会社でありたいと考えています。
    私たちの想いと一緒にチャレンジしてくれる若い方との出会いを求めています。

    >>永田製作所 採用情報


  • 東大阪の切削達人 永田製作所の永田です。

     

    新年の誓いを立て
    「さぁ、やるぞ!」という時に、

    首都圏に始まった緊急事態宣言の再発令、
    そして、関西も追加されて出だしが挫かれた感がありますが、今年も元気に参りたいと思います!

     

    そんな年明け早々、
    前回も出演させて頂いた

    大阪の情報番組『ミント』から取材の申し込みがありました。


    内容は、緊急事態宣言下での製造業の取り組みについてでした。

    政府はテレワーク推進7割を目指していますが、我々製造業は、機械を回さないと成り立ちません。

     

    そんな中、製造業はどのように取り組んでいるかを取材に来られました。

     

    消毒や検温といった最低限の感染防止対策や、営業に出れない中でZOOMを活用した打ち合わせ、また工場を分散して生産することで感染リスクの回避などをお話しさせて頂きました。

     

    が、当日の放送を見ますとかなりカットされていました。。。(笑)

     

    ただ見ていて良かったと思うことは、
    スタッフの働く姿をたくさん放送してくれたことです。

     

    カメラを向けられたら、
    確かにいつも以上に
    黙々と仕事をするかも分かりませんが、
    真剣に機械や各作業に向き合う姿は、カッコ良かったです!

     

    私たちの仕事は、
    機械に組み込まれるパーツ製造ですから、

    普段その部品を見かけることはありません。

     

    そうした中で組みあがった
    ATMやホーム転落防止柵、券売機を見かけると、この機械の中で一生懸命動いたり、支えているんだと思うと誇らしくなります。

     

    普段、縁の下の力持ち的存在で
    日の当たらない我々モノづくりの会社が、
    少しでもメディアに
    取り上げて頂く事で、
    ここで働いてくれているスタッフが、
    仕事に誇りや、
    やりがいを感じる機会を与えてもらえたり、

    また、それを見て興味を持ってくれる未来の若者が、少しでも増えるきっかけになればこれほど嬉しいことはありません。

     

    私は、今年の永田製作所のスローガンは『共』にしました。

     

    コロナ収束の兆しが見えない中で、コロナと共存しながら生産活動をしていかないとなりません。
    社内でクラスターが発生して一時工場を止めなければならなくなるかもわかりません。

     

    しかし、そうなってもお互いにカバーできる体制を早急に構築し、生産に影響を与えないように支えあって生産していく。

     

    言うなれば
    チーム力をさらに増していこう!
    という想いを
    このスローガンに込めました。

     

    今年も永田製作所は、スタッフ一丸となって、皆さまの生産活動をサポートしていきます!
    どうぞ宜しくお願い申し上げます。


ページトップ