切削達人集団「永田製作所」/精密機器・油圧機器、熱処理後の仕上げ加工、円筒研磨、切削加工ならお任せ下さい

切削達人ブログ
  • 産業機械や日常になくてはならない
    機械部品、補修、交換パーツの切削加工
    熱処理後の仕上げ加工を得意とする会社
    切削達人 永田製作所 代表の永田です。

     

    緊急事態宣言がまたまた延長されて、
    日常生活が戻ってくるのはまだ先のようですね...

     

    現時点で、弊社で働くスタッフの8~9割以上が
    ワクチンの接種予定がある。または接種済みの状況です。
    私自身も2回目の接種が完了したので、少し安心しております。

     

    私は以前にもお伝えしましたが、
    立場上健康管理には人より気をつけている方でした。

    >>前回の記事「当たり前が当たり前ではない!」

     

    しかし、5月に人生初の痛風を発症し、
    自分の過信に気づき反省しました。

     

    だからという訳ではないですが、
    睡眠や食事などの健康管理以外にすべきことはないか?

     

    考えた結果、パーソナルジムに通うことにしました!

    そもそものきっかけは、
    私よりも年上の経営者仲間が通っておられ、
    お腹がへっこみ、スリムで健康的な姿に
    どんどん変わっていくのを目の当たりにしたからです。

     

    それに比べて、私はコロナのおかげでぽっこりお腹。。。
    土日も関係なく仕事しているため、
    メリハリのないダラダラした生活リズムになっていました。

     

    そこで、体を動かすことで、
    頭の切り替えにもなるのではと考え、決意しました!

     

    8月1日からパーソナルジムに通い出し、
    週2回x60分のトレーニング、
    食事は炭水化物抜きで、
    高タンパク質な食べ物を選んで取ります。

     

    おかげで、今現在3週間が経過しましたが、
    毎朝の目覚めはバッチリで、体重マイナス4kg、
    体脂肪も落ちて、頭も常に冴えいて、
    今とにかく絶好調なコンディションです!

     

    ご指導してくださるトレーナーは、
    ガッツリの筋トレを強制する『量』ではなく、
    とにかくフォーム『質』にこだわり指導してくれます。

     

    このトレーニングをする時は、
    どこの筋肉に意識を持ち、どう効いているか?を
    事細かに確認しながら、トレーニングを進めてくれるのです。

     

    がむしゃらに筋トレするだけだと、
    返って故障につながり、意味がないんですね。

     

    トレーニングを通じて、
    これって経営も一緒だなと感じました。

     

    今日くらい良いかと気を抜くと、
    今までの積み重ねたものが振り出し(リバウンドし)に戻り、
    誤った方向へ進むと問題発生(故障)。

     

    時にはがむしゃらに走るのも大切ですが、
    これって何のため?と自問しながら判断し、
    経営(トレーニング)を進めていく方が効率が良く、
    遠回りに見えていたものが
    逆に早く結果に繋がるのではないでしょうか!

     

    2ヶ月ジムに通って基礎をしっかり学び、
    その後も近くのジムで継続的に体を動かしていこうと思います。

     

    そして、この未曾有の危機的な状況下ではありますが、
    筋肉と共に乗り越えていきます!(笑)


  • 産業機械や日常になくてはならない機械部品、補修、交換パーツの切削加工
    熱処理後の仕上げ加工を得意とする会社 切削達人 永田製作所 代表の永田です。

     

    先日、お客様から品質不良の一報がありました。

     

    何度か納品している製品なのに今頃どうして?!
    と思いましたが、NG品の返却を待ちました。
    (その製品は、爪より小さく微細な製品で様々な加工をしています)

     

    そして、手元に返却されてきた製品と内容を確認しましたが...⁇
    内容は、バリ(削りカスが付着している状態)ですが、
    目視はおろか、拡大鏡を使用しても、
    どこを指しているのか分かりません・・・

     

     

    お客様に電話で確認しても、
    バリはゼロという返答しかなかったため、
    たぶんココだろうと見当をつけ、
    先の尖った工具などを使い除去し、
    改めて再納品しました。

     

     

    すると、
    またまたNGで受け入れできないとのこと・・・

     

    先方からは、NGの箇所を指摘していたにも関わらず
    再発したために連絡しなければならない手間と、
    生産ラインストップに成りかねない状況下から
    厳しい口調で叱責されました。

     

    なんでやねん!もう無理や。
    拡大鏡で見て、取れる部分はすべて除去して完璧に納品したのに!!

     

    と、
    私とスタッフからは、諦めと不満しか出てきません。

     

    頭を下げてお断りした方が楽だということ気持ちが
    脳裏をかすめましたが、諦めるのは簡単!

     

    いま一度、どのように組付け、
    機械として使用されるのかを確認することにしました。

     

    ご担当者からは、
    『主要部品として扱われ、高速で稼働し、
    もし小さなバリが基盤の上にでも落ちたら
    たちまちショートして、機械が壊れてしまう。
    だから顕微鏡でバリを有無を確認している!』と、
    聞くことができました。

     

    確かにそう言われると、言い返す言葉が見つかりません。

     

    私たちは、モノづくりのプロだいう固執したプライドと経験が邪魔をして、
    相手の立場に立って見たり、考えたりすることが出来ていませんでした。

     

    加工上、どうしても不可能なことは多々あります。
    事前に打ち合わせし、承諾頂いて発注となった場合は、
    それで問題にもなることはないし、
    それ以上の要求がきたら断ることも可能だと思います。

     

    しかし、していない場合は、
    当然のことながら先方は100%を求めてこられます。

     

    当たり前のことですよね!
    当たり前のことなのですが、当たり前と思えない自分がいました。

     

    バリの理解も出来てからは、
    手先の器用なスタッフの頑張りで、無事合格に至りました。

     

    見積り段階から、経験を活かし、あらゆる状況を想定し、
    見積り条件と最適な価格、納期を掲示する。

     

    簡単なようで、そこがめちゃ難しいですよね!

     

    また、どのような機械に使用されるのか?
    置かれる環境など⁇できる限りの情報収集も大切だと思います。

     

    それが出来て初めて
    本当のモノづくりのプロと言えるのではないでしょうか。


  • 産業機械や日常になくてはならない機械部品、補修、交換パーツの切削加工
    熱処理後の仕上げ加工を得意とする会社 切削達人 永田製作所 代表の永田です。

     

    今日も大阪は朝からどんよりのお天気でした。

    関東などは今日梅雨明けしたようですが、関西も梅雨明けが待ち遠しいです。

    そして今現在の空模様は、また夕立が来そうです。。。

    夕立というより、ここ最近はゲリラ豪雨が心配です。

    一昨日、そして昨日早朝のゲリラ豪雨と激しい雷の影響で、弊社の電話機が故障しました。

    (現在は復旧しておりますが)

    1ヶ月前も雷の影響でFAXが壊れたので、今年の梅雨はまだまだ油断できません。

     

    そんな一昨日のゲリラ豪雨の時のことです。

    私の携帯が鳴りました。

    名前を見ると、私の目標であり尊敬するK社長さまからでした。

     

    そして、電話に出た時の第一声が、『ながっちゃんとこ、雨大丈夫か?』でした。

    私が『ウチの会社は大丈夫です!そちらは大丈夫ですか?』とこたえると、

    『こっちは、膝下くらいまで浸水し、スタッフ総出でバケツリレーで水を掻き出しててん。

     少し落ち着いてきたから、心配になって電話した!』とのことでした。

     

    自社が大変な状況にもかかわらず、会社が近いということでわざわざ心配して電話を掛けてきて下さったのだ!

    私ならば、自社が浸水している大変な状況下で電話などできないだろう。。。

     

    仲間や周りの人のことを考え行動されるK社長の優しさ、気遣いがとても勉強になりました。

     

     

     

     

     

     

     


ページトップ